用語

一覧に戻る

高度育成高等学校

広大な敷地を都市の中心部に構え、政府主導の徹底した教育を行う高校。卒業生の進学率就職率ほぼ100%を掲げる日本屈指の名門校だが、普通の高校にはない特殊な規則が存在する。特別な許可のない限り、在学中は敷地内での生活を義務付けられ、原則として親を含む外部の人間との連絡を禁止されている。その代わり、敷地内には各種商業施設や娯楽施設が揃っていたり、最新設備の備わった学生寮は無料で使用できたりと敷地内での生活は不自由なく行えるようになっている。また、敷地内では現金の代わりに毎月支給される電子マネーを使い、万が一、電子マネーがなくなっても最低限の生活用品や食事は得られるようになっている。

Sシステム
入学時にクラスポイントと呼ばれるポイントを各クラスに一律に与え、毎月そのポイントの多い順にA~Dクラスの名称を与える。クラスポイントは授業態度や特別試験などで増減し、卒業時にAクラスとなっていたクラスの生徒のみに希望進路が約束される。また、毎月1日に各生徒に

(所属するクラスのクラスポイント)×100

の量のプライベートポイントと呼ばれる電子マネーが振り込まれ、敷地内のものなら常識の範囲内でなんでも購入可能。例えば、2000万prを払えば希望するクラスにも移籍できる。

クラスポイント
各クラスが所有するポイントのことで、単位はcl。各クラスの所有ポイントは学校から支給された携帯端末にプリインストールされたアプリから確認できる。

プライベートポイント
個人が所有するポイントのことで、単位はpr。1pr=1円に相当する電子マネーであり、卒業時には没収される。学校から支給された携帯端末からは、残高を確認できるほか、生徒間でポイントの授受も可能。

学生証カード
プライベートポイントを記録する機能と学生証の機能を合わせ持つICカード。機械に通すか提示することで敷地内の各種施設が使用可能。

Ⓒ2017,reiSR